10年前の私は、定年延長とか再雇用とか、そんな時代が来るなんて、思ってもいませんでした。
だから仕事が好きだった40代の私は、せっかくこれから益々面白くなっていくであろう仕事なのに、定年(=60歳)で自分が好きな仕事を奪われたくないと思っていました。
だから、せっかくなら当時とは違う形で、60歳になったときに自分の仕事の基盤を作っておけば、60歳以降も好きな仕事が続けられるだろうと考えていました。

そんなわけで40代後半で会社を辞めて独立することを考え始め、50歳になる前に退職したのですが・・・

退職後に一番驚いたことは、ハローワークでも「シニアなんだから」と言われたことでした。
シニアになったときのための準備のつもりでいたのに、ハローワークの窓口の人は、私のことをシニアそのものだと捉えていたからです。

自分の年齢を知らないわけではないのですが、少なくとも50歳直前の当時の私は、自分自身を「ミドルシニア」だとは思いもしていませんでした。
まさに脂がのっていた時期のつもりでしたし、現役どころか、これからだと思っていたのです。
現在、労働法令ではシニアは55歳以上ということですが、その頃ハローワークでは45歳以上をシニアと分類していたことをそこで初めて知り、大変衝撃を受けたんです。

あれから10年が経ち、未だに自分自身をシニアとはなかなか自覚しにくいものがあります。
他の人がどう思うのかはわかりませんが、今でも同世代と話していて、自分たちを「シニア」と思っているようには到底思えません。