イキイキと生きる大人が増殖し、未来に希望が持てる社会のために

石崎公子 プロフィール

  • HOME »
  • 石崎公子 プロフィール

大学で栄養学を専攻したことがきっかけで、
料理番組の企画制作担当として中堅総合広告代理店に新卒入社。
料理番組企画担当〜「食」関連クライアントの企画担当〜多種多様な業界(※)の
広告・PR・ 販促活動にプロデューサーとして携わる。

※関わった業界;家庭雑貨、外食産業、地域活性化、ファッション、住宅建材、化粧品や健康食品等の通信販売系、通信、金融等

勤続25年を経て2007年退社、2008年個人事務所travessiaを開業。
広告業界経験を生かし、
企業や個人のいいところをみつけて引き出す「ヒキダシスト」として、
コミュニケーション活動(広告・PR・販促他)にまつわるコーディネートや
アドバイスを行う「コミュニケーション・スペシャリスト」として、
ーポレートコミュニケーション、マーケティングコミュニケーションの
コンサルティングを行う。
特に中高年向けサービス・商品のを手がける企業や個人に対して、
コミュニケーション(表現方法)やブランディングを得意とする。

かねてから人の顔つきに高い関心があったことに加えて、
家族の病気・看送りから「死」と向き合う経験を経て遺影に興味を持つようになり、
生き様が表れる顔ーその究極の形が遺影だと考えたことがきっかけで、エンディングノートと出会う。

顔には生き様が表れること、
自分らしい「いい顔」を大事にし、それを遺影にすることは思いやりだと提唱する。

人生を考えること、今をどう生きるかを考えることこそが終活。
終活の代表的なツール、エンディングノートが生き方を考えるための絶好のツールであり
「いい顔」になるためにも有効なツールだと考え、
世代を問わず、エンディングノートを開くこと、考えてみることを勧めている。

同時に「自分らしい」生きかた・働き方に注目し、
40歳以上を対象に生き方・働き方を追及する勉強会や個人トークセッションを行う。

企業や商品のブランディングでは、代表者や開発者の生きざまにスポットをあてた
コミュニケーションを薦める。

ちなみに、死に方を考える「終活」と区別するために2016年から「新終活」と語るようにしており、
企業やメディアへのコンテンツを提供している。

 

保有資格等

国家資格キャリア・コンサルタント(JCDA認定CDA)
終活カウンセラー
供養コンシェルジュ
セカンドライフアドバイザー(NPOアクティブ・シニア・クラブ)

著書

「失敗しないエンディングノートの書き方」(法研)

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6796-4111 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.