個人的な活動として、3年前から、「定年女子トーク実行委員会」を立ち上げ、友人と一緒に個人的に活動しています。
定年女子トーク実行委員会」は、定年が気になる女性のための場づくり、情報提供を中心としたコミュニティを目指しています。

私自身は定年を見越して会社を辞めたのですが、今になって当時を振り返ると、失敗したなあと感じたり、後悔していることがあります。

それは、

見越していたはずの定年の現実は現実とは少し違ったこと、
もっと考えておけばよかったことがたくさんあったこと、

など。

そんな私の思いを、今、定年が気になる人たちに公開しながら、情報提供や考えるための場を提供しています。

具体的には「定年」がきになる女性たちを対象に

・定年女子フォーラム

・定年女子カフェ

を中心に、定年女子のための情報発信をしています。

 

当たり前のことなのですが、人生は生まれてから死ぬまでずっとつながっていて、私が関わっている「終活」というのは、生き方そのものであることを痛感します。
高齢期のためのものとか、死が近づいて考えることではなく。
しかもその生き方はお金の問題ともつながっていて、働き方でもあるのです。
だから「終活」は定年を意識することとも密接です。知ること、考えることの継続が大事だと私は思っています。
ただ私は今も過去も葬儀屋の経験はないし、お墓や供養を扱っているわけでもなく、相続専門の士業でもありません。
だから私が語る「終活」は、業者視点ではなく一般目線。
一般の人が感じる不思議や不満、違和感を大事に忘れずに。
私がキャリア(生き方・働き方)を学んだのは、「終活」を追求するためでした。

詳しくはプロフィールをご参照ください。