リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために

コラム

離れて暮らす老親 介護始まり日記② 病院の付き添い問題

今の我が家の状況は書いた通りですが、私の父はたくさんの身体上の問題を抱えていました。 高齢になれば、どこの家でも似たり寄ったりかもしれませんね。 帯状疱疹、脊柱管狭窄症、極端な便秘、前立腺肥大、… 10年前に少し無理をし …

離れて暮らす老親 介護始まり日記①

要介護2の父89才と、要支援1の母84才。 東京都下で2人だけで暮らし、子どもは私を含めて娘3人。 全員が急いで向かっても1〜2時間かかるところでそれぞれの家庭を持ち、両親は離れて暮らしています。 3年前、父の病院通いが …

お墓詣り ご先祖さまに会いに行く…

我が家は両親も親戚もみんな東京にいますが、お墓は父の郷里、金沢にあります。 うちは女3姉妹で私は長女。 お墓をどうするのかはかなり前から気がかりなことでもあり、 今から30年前、まだ「改葬」なんて言葉がなかった時に、 お …

大杉漣さんの遺影は、息子さんが撮った写メ

大杉漣さんが亡くなったのは今年の2月。 役に応じて変幻自在に変わる大杉漣さんは、私の大好きな役者さんのひとりでした。 その直前にトーク番組に出ていのを見ていたことせいか、突然のことに最初は意味がわからないくらい、信じられ …

60代の就活。辛くて厳しいけど、仕事の幅は確実に広がってきている

1勝12敗 1勝10敗 1勝5敗 1勝13敗・・・・ 60代の就活の話です。 ひえ~?! そんなに就活が大変なの~?! 思わずそう思ってしまいそうですが、なんの、なんの… 60代の先輩諸兄の話によれば、3年前と比べれば雲 …

それなりの年齢になったからこそ、ハイヒールか?スニーカーか?

自分よりも年上の人が素敵であることは、私にとってはとても大事。 なぜなら、未来に希望が持てるから。 そうなりたい、という具体的な像があることは、目標にもなります。 そういうなかで私が注目しているのは草笛光子さん。 草笛光 …

変わらない「コレ」は何?私にはあるだろうか?~西城秀樹さん訃報で、考えたこと 

5月16日に心不全で亡くなった西城秀樹さん。 まだ63歳でした。 48歳のときと56歳のときと2回、脳梗塞を発症しています。 くも膜下出血、脳出血、脳梗塞を総じて脳卒中と言います。 脳卒中は男性のものと思い込んでいる方が …

リタイアしたら、地域とつながらなくちゃいけないんですか?

会社を定年退職したら、地域とつながりましょう、地域活動に参加しましょう、というのは、意外に定説。 よく言われることです。 だけど、今までずっと会社勤めしてきた者にとって、それはあまりピンと来ることではありません。 地元で …

高齢の年金受給者の場合の確定申告は不要? 他にお得なことは?

会社員時代は確定申告なんて無縁だけど、会社を辞めると確定申告をしなくてはなりません。 会社員だった人はそういうことに慣れていないし、これは結構面倒なこと。 自分のことだって面倒で大変なのに、なかには高齢の親の確定申告を代 …

人生100年時代って、なによ?!

10年前に会社を辞めた時、私は40代後半で定年まであと10年あまりの頃でした。 新卒で入社した会社は環境も居心地も良く、仕事はハードだけどおもしろかったので、いつの間にか私は最年長女子社員になって20年近くになろうとして …

« 1 3 4 5 13 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.