リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために

コラム

離れて暮らす老親 介護始まり日記⑤じわじわと忍び寄る

介護というわけではないけど、実家に行かねばならない。 来てほしそうだから、 顔を見せに行かねば。 親の様子を見に行こう。 そういう時期のことを書いたことがあるけれど、今思えば、それは介護始まりの予告みたいなものだったのか …

離れて暮らす老親 介護始まり日記④ 介護関係とのやりとり

早めに相談したり、子どもの立場となる私たち姉妹とケアマネの情報共有等々、 段取りがいろいろうまくいったと思っていたものの、今度は次から次へと電話が入るようになりました。 今までは、父から、あるいは母からの、SOS!の電話 …

30代が考えるシニアは、想像の世界

先日30代の人に聞かれました。 シニアの人ってどんなことに興味があるんですか? 30~40代は、何に興味あるって言えば、恋とか愛とかがダントツなんですけど、 でもそれが終わっちゃった50代や60代の人って、何に興味あるん …

離れて暮らす老親 介護始まり日記③ 情報共有

周りを見ても、我が家の場合をふり返ってみても、 離れて暮らす老親の介護問題を考えるとなると、それは家族問題と密接であるとつくづく思います。 だからこそ、離れて暮らす老親の介護となると、 どうやって老親の状態を、子どもであ …

離れて暮らす老親 介護始まり日記② 病院の付き添い問題

今の我が家の状況は書いた通りですが、私の父はたくさんの身体上の問題を抱えていました。 高齢になれば、どこの家でも似たり寄ったりかもしれませんね。 帯状疱疹、脊柱管狭窄症、極端な便秘、前立腺肥大、… 10年前に少し無理をし …

離れて暮らす老親 介護始まり日記①

要介護2の父89才と、要支援1の母84才。 東京都下で2人だけで暮らし、子どもは私を含めて娘3人。 全員が急いで向かっても1〜2時間かかるところでそれぞれの家庭を持ち、両親は離れて暮らしています。 3年前、父の病院通いが …

お墓詣り ご先祖さまに会いに行く…

我が家は両親も親戚もみんな東京にいますが、お墓は父の郷里、金沢にあります。 うちは女3姉妹で私は長女。 お墓をどうするのかはかなり前から気がかりなことでもあり、 今から30年前、まだ「改葬」なんて言葉がなかった時に、 お …

大杉漣さんの遺影は、息子さんが撮った写メ

大杉漣さんが亡くなったのは今年の2月。 役に応じて変幻自在に変わる大杉漣さんは、私の大好きな役者さんのひとりでした。 その直前にトーク番組に出ていのを見ていたことせいか、突然のことに最初は意味がわからないくらい、信じられ …

60代の就活。辛くて厳しいけど、仕事の幅は確実に広がってきている

1勝12敗 1勝10敗 1勝5敗 1勝13敗・・・・ 60代の就活の話です。 ひえ~?! そんなに就活が大変なの~?! 思わずそう思ってしまいそうですが、なんの、なんの… 60代の先輩諸兄の話によれば、3年前と比べれば雲 …

それなりの年齢になったからこそ、ハイヒールか?スニーカーか?

自分よりも年上の人が素敵であることは、私にとってはとても大事。 なぜなら、未来に希望が持てるから。 そうなりたい、という具体的な像があることは、目標にもなります。 そういうなかで私が注目しているのは草笛光子さん。 草笛光 …

« 1 2 3 4 12 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.