リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために

コラム

定年の今と昔  定年は何歳ですか?

「うちは25歳が定年なんですが、それでもいいですか?」 これは、就職試験の面接で、残間里江子さんが面接官に言われた言葉だそうです。 出展) フジテレビは25歳が定年だった それってホント!? http://news.li …

副業が会社にバレる? バレないためには?

10月26日水曜日夜、千代田区にて トラベシアpreフォーラム「『マイナンバー社会に副業は危ない』は本当か?!」を開催しました。 なぜ、開催したのかはこちらで詳しく書いていますが、一言で言えば、自分の人生を生きるための智 …

自分らしく生きていくための選択肢としての「副業」を、あきらめてはもったいない!

高齢化社会だからこそ、将来の仕事や働き方を考えておきたい。 超高齢社会に突入し、今の平均寿命は男性で80歳、女性は87歳。 だけど、ほとんど会社の定年は60歳。 女性だったら、定年後30年近くもあって、悠々自適なだけでは …

誇りと愛がにじむ顔 ~ずっとずっと変わらず

紅葉狩りと合わせて、心の洗濯に出かけたら、素敵なお顔の先輩にお会いできました。 ○○○○さん。 写真OKとおっしゃってくださったのに、残念なことにお名前を聞きそびれてしまいました。 82歳だそうです。 福島県南会津。 大 …

新しいことは、なかなか始められなくなる

野菜栽培で、連作障害ということがあります。 毎年同じ場所に同じ野菜を繰り返し作ることで、 次第に生育不良になっていくことを言います。 それは野菜だけじゃない・・・ 人のカラダも、頭も、気持ちも、似たようなことがあると思い …

娘から見た親(高齢)の病院通い。その理想と現実

病院に行きたがらない高齢者、病院に行きすぎる高齢者・・・ 高齢の親を持つ子どもとしては、どちらも悩ましいものです。 理想とされるお医者さんとのおつきあい、病院の通い方はあるでしょうが、 現実はなかなかそうはいきません。 …

定年まで安心して働ける? 定年以降に安心して働ける? どっちが安心?

ある会社の求人のキャッチフレーズで、「定年まで安心して働ける会社」とありました。 それが最大の魅力のように表現されていた求人広告でした。 たしかに今の時代、いつなんどき会社の業績によってリストラ・肩たたきが始まるかわかり …

今の時代のプロフィール写真、その撮り方とは

フェイスブックを見ていると、「プロフィール写真を変更しました」というお知らせがよく出てくる。 新たに自分の写真を撮影したり、前の写真よりもっと気に入った写真が出てきたりするから、変更するのだろう。 そういう写真を見て、 …

「女性にとってのロールモデル」・・・必要ですか?!

「会社を辞めたのはロールモデルがいなかったからかも・・・」 私がそう言ったら、同世代の男性が言いました。 「ロールモデルがいない~それ、女性はよく言うよね?! そんなにロールモデルって必要なのかなあ?!」 うーん、 たし …

百歳超えの人と若い人、大事なポイントって結局のところ変わらない

雑誌「百歳万歳」編集に35年たずさわり続け、シニア周りに関わったきたのが40年という植松さんは現在68歳。 偶々縁あって、今春その植松さんのお話を聞く機会がありました。 精神力が80%、自分が決めたことはやる 長年シニア …

« 1 11 12 13 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.