リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために

コラム

60代の就活。辛くて厳しいけど、仕事の幅は確実に広がってきている

1勝12敗 1勝10敗 1勝5敗 1勝13敗・・・・ 60代の就活の話です。 ひえ~?! そんなに就活が大変なの~?! 思わずそう思ってしまいそうですが、なんの、なんの… 60代の先輩諸兄の話によれば、3年前と比べれば雲 …

それなりの年齢になったからこそ、ハイヒールか?スニーカーか?

自分よりも年上の人が素敵であることは、私にとってはとても大事。 なぜなら、未来に希望が持てるから。 そうなりたい、という具体的な像があることは、目標にもなります。 そういうなかで私が注目しているのは草笛光子さん。 草笛光 …

変わらない「コレ」は何?私にはあるだろうか?~西城秀樹さん訃報で、考えたこと 

5月16日に心不全で亡くなった西城秀樹さん。 まだ63歳でした。 48歳のときと56歳のときと2回、脳梗塞を発症しています。 くも膜下出血、脳出血、脳梗塞を総じて脳卒中と言います。 脳卒中は男性のものと思い込んでいる方が …

リタイアしたら、地域とつながらなくちゃいけないんですか?

会社を定年退職したら、地域とつながりましょう、地域活動に参加しましょう、というのは、意外に定説。 よく言われることです。 だけど、今までずっと会社勤めしてきた者にとって、それはあまりピンと来ることではありません。 地元で …

高齢の年金受給者の場合の確定申告は不要? 他にお得なことは?

会社員時代は確定申告なんて無縁だけど、会社を辞めると確定申告をしなくてはなりません。 会社員だった人はそういうことに慣れていないし、これは結構面倒なこと。 自分のことだって面倒で大変なのに、なかには高齢の親の確定申告を代 …

人生100年時代って、なによ?!

10年前に会社を辞めた時、私は40代後半で定年まであと10年あまりの頃でした。 新卒で入社した会社は環境も居心地も良く、仕事はハードだけどおもしろかったので、いつの間にか私は最年長女子社員になって20年近くになろうとして …

異性の友達を持つべき、持った方がいい

日経オンラインなど、人気記事をたくさん書いている経済コラムニストの大江英樹さん。 ご自身の経験をもとに書いた「定年楽園」のなど、定年後の生き方についての著書も多く、とても読みやすく説得力があります。 その大江英樹さんが、 …

50歳目前が抱える親問題、介護ってわけじゃないけど親の用事が増えてくる

高齢化が進むことで、親世代も高齢化してきました。 その結果、親を見送る年齢自体が上がってきています。 子どもが親を見送る時の親の年がどれくらい上がっているのか調べてみましたが、 残念ながらそれにぴったりはまる統計資料は見 …

築地本願寺レポート)憩いの場を目指すお寺、これからのお墓

昨年11月、築地本願寺が新しく合同墓を売り出すと発表し、同時にインフォメーションセンターやカフェをオープンさせるとメディアで話題になりました。 これまでも築地本願寺は、銀座2丁目のビルの中にサテライトテンプルGINZA …

有働さんもそうだった……オンナの50歳目前は、これからを考える大事なとき

大好きだった有働さんがNHKを退局するというニュースに、多くの人が驚いたはず。 もちろん私も。 だけど一方で、50歳目前だものね…と納得する思いが私にはありました。   それは、有働さんの 「以前から抱いていた …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.