リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために
コラム

家族葬を終えたあとのご近所への挨拶と、そこから思うこと ~うちの場合~

家族葬にすることをどうやってお知らせしたらいいか―ーーそういうことはネット上にいっぱい出てくるのですが、 家族葬が終わったことをどうやってお知らせしたらいいのかーーーそういうことは、調べてもなかなか出てきません。 今や、 …

葬儀のあれこれ「終活を知ってみよう会」で語り合ったこと

毎月第4木曜日、終活について学んだり語り合ったりする会を行っています。 「終活を知ってみよう会」という名称で、スタートしてから3年になります。 場所は東京・世田谷区。 笑恵館という住み開きをしている場所で、オーナーの田名 …

当たり前のように言われる「延命治療の拒否」。どんなにわかっているつもりでも、その場の家族の思いはそう簡単ではない

超高齢社会になり、「延命治療はお断り」と言う人が多くなってきました。 医療で無理やり生かされるのはイヤだ、 老いの自然な進行であるなら、家族としてもそのまま自然な形で眠るように逝かせてやりたい、 そういう声は決して少なく …

私の「かかりつけ医」探し、進行中

会社員なら健康診断は義務。 忙しくても、ちゃんと受けるようにと催促が入ります。 でも個人事業主の私は国民健康保険なので、健康診断は自治体(区)からのお知らせで自ら受けに行く形。 忙しいとつい忘れてしまうし、どうしても後回 …

定期的に診てくれたお医者さんが廃業…本気で私のかかりつけ医探しが始まります

昨年10月、長年通っていたお医者さんが12月で閉めると聞きました。 定期的に通っていたので、次をどうするかを考えなければならなくなったのです。 これまでの先生は女医で看板は婦人科と内科。 私は婦人科でかかったのが最初で、 …

継続は力なり。言い続ければ時代は変わる~節分の日に思ったこと~

今日は節分の日。 昔だったら鬼と豆まきですが、今は恵方巻なのかもしれません。 スーパーもコンビニも恵方巻の売り場が大きくなり、折込チラシもポスターも派手に恵方巻が宣伝されています。 今から30年以上前、私は広告会社で「恵 …

三途の川

数年前にアルツハイマー型認知症と診断された父は、 最期まで自宅で暮らしたいと言っていたのですが、 身体的に弱ってきたことで自宅での生活が限界を超え、 1年あまり前に老人ホームで暮らし始めました。 今はいい施設に出会え、温 …

八千草薫さん、亡くなる

10月24日、東京都内の病院で膵臓がんのため亡くなりました。88歳でした。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191028/k10012153431000.html?fbclid=Iw …

お節介おばちゃん全開

ここのところ、老親関係に時間を取られることが多く、 気づくとそんなことばかりこのコラムで書いているので、今日は閑話休題。 タイトルにあるようにお節介についての話題です。 カンカン照りで暑かった日曜日の昼間、オンナ友達との …

ペットの病気、ペットの介護、ペットの死……遠くなった「命」を教えてくれる

卒業以来、毎回幹事を持ち回りにして、女子大時代の仲間たち10人、毎年1度集まるようにしています。 全員がそろったのは卒業直後だけで、その後は数人の欠席は出るのですが、それでも約35年続いています。 時とともに話題は変わっ …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.