リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために
コラム

生き方

おばちゃんは人の話を聞けない?!おしゃべりが止められない?!

おばちゃんというのが何歳以上なのか言及するつもりはないけれど、 おばちゃんは人の話を聞かず、おしゃべりばかりしている、と思うのは、たぶん私だけではないでしょう。 近くにいる人とひそひそ話 大勢が集まった会合で誰かが挨拶を …

老後の蓄えと幸せの関係

老後の蓄えには最低でも2000万円が必要とされているが、三菱総合研究所のシニア調査では、「2000万~3000万円」の金融資産を持つ人の約64%が「幸せ」と回答しているのに対し、必要な金額に全然足りない「200万~500 …

終活なんて、大っ嫌い!

私は、40代50代から考える終活の奥深さやおもしろさを感じてきました。 後半の生き方を考える上で、終活とは有意義だし、自分の人生を見直すきっかけにもなるからです。 だから「失敗しないエンディングノートの書き方」を書いたし …

人生100年時代 100歳になったとき寂しくないようにありたい…

今から20年近く前の私の最大の心配事は、自分自身が長生きすることでした。 当時は双子の100歳「きんさん、ぎんさん」が話題だったころ。 私の家は長寿家系で、父方も母方も長生きでした。 私は大きな病気をすることなく、周りか …

歳(年齢)を重ねる変化について

生きているということは年を重ねていくこと。 ちょっと前まではそんなこと考えたこともなかったけれど、 10年くらい前からは、この「一つづつ年齢を重ねていく」ことを実感するようになりました。 最初は肌の色つやが衰えてきたとか …

婚活より終活?!

お笑いのいとうあさこさんが、テレビの番組の中で、終活を始めたと話したそうです。 50歳という年齢を目前にして 「正直、本当いつ死ぬかわからない」と感じるようになってきたと語るいとう。 最近では自身の中で「婚活っていうより …

死後離婚がなぜ起きる? なぜ話題?

今、増えていると言われる「死後離婚」。 今年2月、吉川美津子さん、芹澤健介さん、中村麻美さんの共著「死後離婚」(洋泉社)が発行されたのを機に話題になり、日経でも、NHKでも取り上げられるようになりました。   …

佐藤初女さんを偲ぶ お顔から感じる優しさと厳しさ

佐藤初女さんが亡くなったのは2016年2月1日。 もう1年になります。 「日本のマザーテレサ」とも称される佐藤初女さん。 Wikipediaでは「福祉活動家」と書かれていますが、小中学校の教員を経て、自宅を開放した「弘前 …

大事なことは勇気を持ってやらねばならない

今日は大学の母校にて、出身研究室の研究発表・新年会があり、出席してきました。 今日のコラムタイトル 大事なことは勇気を持ってやらねばならない は、そのときの恩師のご挨拶で語られた言葉。 母校に行くなんて滅多にないことなの …

あの頃はあんなに◯◯だったのに・・・。SMAP×SMAP最終回で思ったこと

昨日2016年12月26日は、SMAP×SMAPの最終回でした。 さすが国民的スターなだけに、NHKのニュースでも取り上げられていたくらいだったので、 私も思ったことを少しだけ。 5時間にも及ぶ番組だったので、摘み食いの …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.