日本を飛び出しました。
10日以上の連続した夏休みは10年ぶりです。

きっかけは、夫の見送り。
彼は今までインドア派で一人遊びや一人旅とは全く縁がなかったのですが、
50歳を超えてから自転車を始めました。
そしてどんどん夢中になっていき、2年前にはフランスで走り、今年はイギリスの大会で走ることになりました。
タイムを競う競技ではないのですが、制限時間内に1000キロを有に超える長距離を走るもので
ゴールの時には達成感で大感動するのだそうです。
世界各国から参加者が集まり、時間差でスタートするそうなので、
ホノルルマラソンの自転車版みたいなものなのかと私は思っています。

ずっと話を聞くだけだったので、見に行ってみようかと考え始めたのは半年前のことでした。
けれども私は、今までに完全なフリーで海外に行く機会はあまり多くありませんでした。
1人で日本を出たことはありません。

中学で英語を拒絶して以来、英語から逃げて避けてここまできました。
自慢じゃないけど全く話せないし、読み書きもできません。
しかも今、ヨーロッパの危険性が高まっている。
・・・若い頃だったらそんなこと考えもせずに出かけるところなのですが、
今の私はとても悩んでしまいました。
行けない(行かない)理由をいくつも探して。

歳を重ねて、知らず知らず臆病者になっていました。
面倒くさがりにもなっていました。
でもこの機会を逃したら、もう私は一生一人で海外に行くことはないかもしれない。

ここ数年、私は何事にも腰が重くなっていたことを思い出したのです。
そんな自分に少し嫌気もさしていたので、そこから抜け出したくて行くことにしました。
たかが海外への一人旅ですが、帰って来たら前よりも自由で元気になっているような気がします。
もしかしたら、それが海外に行くことであろうが、他のことであろうが、なんでもよかったのかもしれません。

きっかけをくれた我が夫に感謝をし、スタート地点で盛大に見送ろうと思います。
自転車のスタートは1週間後。
彼より一足先に日本を飛び出し、イギリスを楽しんできます。