女優の蒼井優さんが
「20代後半は2回目の思春期」だとNHK(テレビ)で話していました。

これからどうなるかわからない、いう不安でイライラするのが1回目の思春期。
でも、2回目の思春期は、これまでのことをふり返りつつこれからの不安を抱える混ざって複雑な思春期だ、と。

それを受けて有働アナウンサーが
「いやいや、まだまだもっと苦しい思春期がもう一度やってくる。
ふり返ってももう取り返せない、やり直しがきかないと思い、
むせび泣くような40歳目前。それが次の思春期。」
と語っていました。

思春期が何回訪れるかはわかりませんが、
有働さんが語る後にも、もう一つ、確実に思春期がやってくると私は思います。
それが50歳前後。

子どもが親から離れていく。
自分の親が急速に弱り、介護が必要になる、この世を去る・・・。
自分の能力の限界を知り、仕事も先が見えつつあり・・・。
周りの同世代が病気になったり、自分の体力の衰えを痛感する。
おぼろげであったとしても、人生の折り返し超えたのだと実感する。

仕事の早期退職や定年を考える時期が、この時期に重なるのです。
まさに思春期!

女性に限って言えば、
思春期とは、生理が始まろうとする時期と生理が終わろうとする時期に重なるわけで、ホルモンの影響も無視できないのだと改めて実感します。

一般には更年期と言われ、女性だけと思いがちですが、
仕事のことも考えてみると、必ずしも女性だけではありませんね。

私自身も、アラフィフ思春期にはずいぶんジタバタしました。
40代後半に25年務めた会社を辞め、そこからひきこもったり、試行錯誤・暗中模索を繰り返してきました。

今、そのアラフィフ思春期を超えたように感じています。

しかし今は超高齢化社会。
まだまだ先は長いので、まだ知らない次の思春期がやってくるかもしれません。
もしかしたらまだ折り返したばかりで、これから50年近くあるのですから。
永六輔さんが
「100歳まで生きるために、明日死んでもいいように」と言っていたことを思い返し、私は自分の未来にほくそ笑んでしまいます。

 

 

生き方・働き方を考える勉強会コミュニティ、Club Zakkyは、毎月第3火曜日に開催中。

個別相談は、定年女子相談室へお気軽にどうぞ。

石崎公子のプロフィールは、こちら

その他、ご不明な点や詳細お問合せ・ご相談は、こちらのお問い合わせまでお気軽に。

==================
ご相談や、ご質問がありましたらメールで、ご連絡ください。
e-mail:info✰travessia.biz   ✰を@に変更してください。

Facebookの友だち申請も歓迎
https://www.facebook.com/kimiko.ishizaki

Twitter
https://twitter.com/kimicokoをフォローして下さい。