リタイアメントキャリアから終活まで イキイキと生きる大人のために

お知らせ

世田谷区・笑恵館の「終活を知ってみよう会」は毎月第4木曜日に開催中

世田谷区・笑恵館の「終活を知ってみよう会」は、 地域にお住まいの方々を中心に終活を考える会。 2015年からスタートしたそうで、石崎公子が情報提供と進行役を担うようになったのは2017年4月から。 毎月1回開催しています …

いざと言うときのための「緊急連絡先カード」を販売中

緊急連絡先カードを販売しています。 スマホが当たり前で個人情報の保護が進んだ弊害で、家族がいても、友人知人がたくさんいても、連絡がつきにくい時代。 たとえば急に体調を崩したとき、意識が朦朧としているときなどのいざというと …

終活の”はじめの一歩”のための講座を、定期的に担当しています

「こころ」「教養」「終活」など、さまざまな学びの機会を提供している、KOKOROアカデミー 銀座サロンで、年に4回ほど終活講座を担当しています。 昨今よく耳にするようになった「終活」。 私が担当するのは、考えた方がいいの …

2018年5月より事務所の住所が変わりました

5月より、事務所を渋谷に移転しました。 お近くの際にはどうぞお立ち寄りください。 これまで青山のバーチャルオフィスを利用していたため、移転によって郵便物が返送されてしまい、ご迷惑をおかけしています。 新しい住所はこちらに …

JAICO 2018年4月15日号 の特集「死から考えるライフキャリア」にて紹介されました

一般社団法人産業カウンセリング協会が発行する産業カウンセラーの会報誌JAICOの2018年4月15日号の特集は「死から考えるライフキャリア」。 私が日頃考えている、キャリアから終活への連続する「人生」への考え方について、 …

コラム

お墓の将来 ~子どもがいないうちの場合

お盆のこの時期、お墓参りに行かれる方も多いことでしょう。 私に寄せられる終活のご相談でも、お墓についてのお話は少なくありません。 社会が変わり、家族が変わってきたため、お墓のあり方が変わってきています。 お墓は、家族それ …

お節介おばちゃん全開

ここのところ、老親関係に時間を取られることが多く、 気づくとそんなことばかりこのコラムで書いているので、今日は閑話休題。 タイトルにあるようにお節介についての話題です。 カンカン照りで暑かった日曜日の昼間、オンナ友達との …

離れて暮らす老親 介護始まり日記⑮子世代である兄弟姉妹の申し送り

そろそろ定年・・・という世代にとって、老親のことはなかなか大きな悩みのタネ。 しかも今の時代、一緒に暮らしているというよりは、離れて暮らしているケースの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。 同居とは違う、離れているから …

離れて暮らす老親 介護始まり日記⑭施設を嫌がった父をどう説得したか、その1

そろそろ定年・・・という世代にとって、老親のことはなかなか大きな悩みのタネ。 しかも今の時代、一緒に暮らしているというよりは、離れて暮らしているケースの方が圧倒的に多いのではないでしょうか。 同居とは違う、離れているから …

離れて暮らす老親 介護始まり日記⑬子どもにはわかりにくい、老親の夫婦関係

我家の場合、老親二人で暮らしながらも、もはや父の状況は、母にとってはお手上げでした。 母がショートステイで休養している間、自宅で一人でいた父が転倒してしまったことがあります。 母とも妹たちとも相談し、再度父をショートステ …

PAGETOP
Copyright © トラベシア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.